コラム

Pocket

[ベトナムの基本情報] オフショア開発で今もっとも熱い国、ベトナム

カテゴリ:オフショア基本

 

本記事の執筆者:大西泰平(セカイラボ・ベトナム拠点責任者)

ベトナムは、日本向けのソフトウェア開発のアウトソーシング先として、現在もっとも注目を集めている国の1つです。ソフトウェア開発についての歴史は、日本や中国と比べるとまだまだ短いですが、教育機関や現地IT企業が中心となって、若い技術者育成を推し進めてきた成果が、近年になって結果としてあらわれてきているのです。

ここでは、他のアジアの国々と比較しながら、オフショア開発先としてのベトナムのメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

ベトナムのICT(主にソフトウェア)産業

IT企業数

政府がICT産業の成長を積極的に後押ししていることもあり、ベトナムのICT産業は急速に成長しています。ベトナムICT白書によると、産業規模としては2011年末には約137億ドルにまで達していて、IT企業数も年々増加しています。現在は約600社以上のIT企業が存在すると言われ、そのうち半数がホーチミン、4割がハノイで開発を行なっています。

ITエンジニア数

IT技術者はベトナム国内に30万人以上いるといわれています。さらに毎年新たに5〜6万人が、教育機関などを経て輩出されており、ベトナム国内のITエンジニア数は年々増大しています。

しかし、それでもまだ中国などの先発オフショア開発国と比べるとエンジニア数は少ないです。日本ほど深刻なエンジニア不足にはなっていないませんが、ベトナムであれば「いつでも優秀なエンジニアを安価に確保できる」というでは必ずしもありません。

ベトナムでのオフショア開発のメリット

ベトナムでのオフショア開発のメリット

日本語話者が比較的多い

ベトナムと日本の国際関係が良いということも影響してか、他のASEAN諸国と比較して、ベトナムには日本語学習者が数多くいます。ベトナムのトップ大学の1つであるハノイ工科大学では、日本のODAと連携してHED SPIと言われる「日本語のできるブリッジエンジニア育成プログラム」などを設けていたりと、教育機関が中心となって、日本語話者の育成にも力をいれています。

全体的にバランスが良い

ソフトウェアのアウトソーシングコストは、国家のGDPや技術力の成熟度合いに併せて段階的に増加していきます。この観点からすると、ベトナムは今もっともバランスの取れたオフショア開発国と言えるかもしれません。実務での開発経験が3年ほどの技術力のあるエンジニアの、月額の発注コストは25万円前後です。これは中国と比較しても2段階ほどリーズナブルな相場感です。

また、他のASEAN諸国に比べて通信環境などのインフラが整っています。他のASEAN諸国ですと、まだまだネット環境が許容できないレベルで遅かったり、頻繁に停電が発生したりしますが、ベトナムではそういった状況は少なくなっています。

休暇が少なく、時差も小さい

これも大きいメリットの1つですが、ベトナムは休日の数が日本と比べてかなり少なく、平日がお休みになることは非常にまれです。また3連休以上の長期休暇も、ゴールデンウィークと旧正月を除けばほとんどありません。ですので、開発スケジュールを定めやすく、休日出勤手当てなどで想定外の費用が頻発することなどもありません。

日本との時差は2時間ありますが、ベトナムはそもそも朝の出勤時間が早い傾向にあるので、ビジネス面で時差が問題になることはほとんどないと言っていいでしょう。

ベトナムでのオフショア開発のデメリット

ベトナムでのオフショア開発のデメリット

日本と同じレベルのコミット力は求められない

労働に対する価値観が日本とは異なるので、日本人エンジニアに求めている姿勢とまったく同じ水準の業務へのコミット度合いを、ベトナム人エンジニアに求めることは難しいです。ベトナム人は家族や家庭をとても大切にする文化があり、家族と過ごす時間を犠牲にして毎晩遅くまで仕事に没頭するような働き方は一般的ではありません。

ただ、ベトナム人は全般的に律儀で非常に真面目な国民性を持っており、依頼した業務をしっかりと遂行しようとする、そうしたところは日本人とも近しいところがあると感じます。

全般的に英語が堪能ではない

近隣のフィリピンやマレーシアと比較すると、圧倒的にベトナムの英語話者数は少ないです。トップレベルの大学の卒業生であればある程度は英語を話すことができますが、それでも独特の訛りが強いので、ベトナム人の英語を聞き取るにはある程度の慣れが必要です。

業務上では、日本語を話すことができないエンジニアとは、非ネイティブ同士で拙い英語でやり取りする必要があります。話の大筋は伝わっても細部はなかなか伝達しづらく、コミュニケーションへの負荷が想定よりも重くなってしまうことがあります。

人材獲得競争が非常に過熱している

毎年5〜6万人の新しい技術者が輩出されているとはいえ、一定以上のスキルや経験をもったエンジニアはまだまだ少なないです。需要と供給のバランスが崩れていることもあって、優秀なエンジニアを獲得することは、特にホーチミンなどで、顕著に難しくなっています。

離職率も日本と比較すると高水準で、ベトナムのIT企業全体の平均で20%ほど。日系IT企業だと15%前後といわれています。優秀なエンジニアを安定的に確保することは、日本と同じく難しい状況と言えるかもしれません。

まとめ

まだまだ中国やインドなどと比べると歴史も浅く、市場も小さいかもしれませんが、ベトナムのICT産業が急速に成長していることは間違いなく、そこにチャンスを感じてベトナム進出に踏み出す日本企業も年々増えていっています。リーディングカンパニーのFPTソフトウェアにはすでに7,000名以上の従業員がITエンジニアとして活動していますし、日系企業でもNTTデータがホーチミン・ハノイ・ダナンの3都市に事業所を展開するなど、各IT企業の動きも活発です。

それによって1人1人のエンジニアの技術レベルも日進月歩で成長しているので、しっかりとチーム選定を行い、開発を行う上で外せないポイントさえ確実に押さえておけば、ベトナムでのオフショア開発は期待以上の成果を発揮することができるポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。ぜひ国内の開発企業だけでなく、ベトナムを中心としたASEAN諸国にも目を向けて、ニーズにピッタリとマッチした開発チーム・体制を築いていただければと思います。

 

セカイラボは、ベトナムの注目都市ダナンに開発拠点(250名体制)を構え、日本の企業様向けの開発を行っております。加えてホーチミンやハノイにも優秀な開発パートナーを揃えております。ベトナムに自社の開発チーム(拠点)を持たれた

 

関連記事

[中国の基本情報]日本のオフショア開発先として大ベテランの中国

[バングラデシュの基本情報] 次のオフショア開発国として世界が注目中

海外に開発チームを持てるラボ型開発(ラボ契約)とは?(メリットとデメリット)

ラボ型開発(ラボ契約)に向いているプロジェクト/企業とは

[ハノイ拠点]一体感のある専属チームで、充実したラボ型開発が出来ました。

[ダナン拠点]ラボ型開発でチームを立上げ、半年で3つのアプリ開発と改修を。

WEBサービス開発やスマホアプリ開発、
業務システム開発、ローカライズなら
「セカイラボ」

サービスに関する問い合わせ