uncategorized

あなたのチームは機能していますか?人が集まっただけではチームとは言えない

Diverse People Discussing About New Ideas

システム開発に限りませんが、プロジェクトの推進にあたっては「チーム」というものが編成されます。ビジネスを成功させるには、リーダーを中心としていかにメンバーがまとまり、組織として機能することができるかがポイントとなります。一方で、簡単そうに見えるチームビルディングを成功させるのは実はとても難しく、何をする必要なことがあるのかも不明確が多いのが実情です。そこで、今回はこのビジネスの現場における「チーム」について考えてみたいと思います。

チームとはなんだ?

まず、チームって何なんでしょうか?

チーム(英: team)とは、共通の目的、達成すべき目標、そのためのアプローチを共有し、連帯責任を果たせる補完的なスキルを備えた少人数の集合体である。(from Wikipedia)

良く分かりませんね。要は、どういうものであれば「チーム」と言えるのでしょうか?

人が集まっただけの「集団」と、「チーム」は違う

チームと似ような、複数のメンバーから成り立つ組織として集団あるいはグループというものがあります。では、この集団とチームの違いは何なのでしょうか?

集団は当然一定の目標はあるにせよ、構成員同士の協力や相互関係は必要とされません。メンバー同士のサポート関係はそこにはないのです。例えば、会社の「営業グループ」と言った場合、そのグループ内では社員同士には協力が不要です。必要に応じてビジネス上のドメイン(地域や業界)を区分し、それぞれにおいてメンバーが同等の役割を果たすことで組織の成功を達成する、という形態です。

この「集団」の場合、自らの集団内だけで自己完結的にビジネスを完結させ、成功を導くことはできません。例えば、営業グループであれば商材は社内の生産部門(工場)や仕入先から得なければ販売出来ません。製品だけでなく、その他様々な重要情報も社内の他部門から獲得する必要があります。この点から見ると、「集団」はある意味単機能な組織なわけです。

しかし、チームの場合は一つの目標をチーム内で自己完結的にアウトプットし、ビジネスを成功に導くことが求められる訳です。そのため、チームには同等のスキルや背景、情報をもったメンバーは必要ではなく、全ての社員がそれぞれの得意領域で協力しあって、一つの成果をあげることが必要とされるのです。そのためチームの方にはより有機的なメンバー同士のつながりが必要とされます。より有機的で密接な関係を持つチームは、リーダーの元にチームがうまくまとまり情報もきちんと行き渡るので、プロジェクトの成功確率があがると言えます。

チームを機能させる4Step

有機的な連携を必要とするチームでは、有能なリーダーやメンバーなどが集まったからといって機能する訳ではありません。チームをうまく回し、プロジェクトを成功に導くには、単に良い人材を集めるだけでは不十分である、ということです。チームが機能するまでの過程を心理学者B.W.タックマンは以下の様なモデルを提唱しました。(タックマンモデル)

タックマンモデル

このモデルで言われていることは、チームは形成期(メンバーが集まっただけ)から混乱期(互いのことを理解する過程)では殆ど成果をあげられない、ということです。この段階では無理矢理成果をあげようとするのではなく、リーダーがうまく立ち回ってメンバー同士の絆を深めたり必要な情報をきちんと伝達しあって組織を活性化させることが重要、ということですね。

最初は無理に同じにしようとせず、違いを明らかにする

タックマンモデルの中で大事がプロセスは「混乱期」です。プロジェクトを成功させるためにはこの「混乱期」をうまくまわすことが不可欠です。では、そのためにはリーダーはどのようにたち振る舞うべきなのでしょうか?チームでは違うスキルや背景を持つメンバーが揃えられます。製品まわりが得意な人がいれば、サポートに強い人もいます。ここで無理に「同じ会社なんだから」「同じ目的があるから」と違いを押さえるべきではありません。むしろこのプロセスでは「何が違うのか」「どう違うのか」を明らかにするべきなのです。メンバー同士が互いについての理解を深め合い、必要に応じて情報を交換し合うことが重要なわけです。ここで出し切らないと後で「やっぱりあいつとは分かり合えない」といった不満が出てしまいます。逆に、ここで出し切ることができればチームはまとまりビジネスが成功する可能性が高まるでしょう。

今はまだ機能してないだけ

さて、以上がビジネスを成功に導くために組織をうまくまとめ、本当の意味での「チーム」を作るために必要なことでした。あなたのチームは機能していると感じられますか?機能してない?もしかしたら、集まっただけになっているのかもしれません。メンバー同士は互いのことを理解しているでしょうか?理解出来るほど、良い意味での喧嘩がありましたか?

でも、大丈夫です。「今はまだ機能していないだけ」ですから。チーム形成における「混乱期」にお互いの理解を深めサポートし合えるような関係を築ければ、チームビルディングはうまくいきしっかり「機能」するようになるでしょう。そうすれば、プロジェクトの成功確率はぐっと上がると思います!

SEKAI LAB TIMES(セカイラボタイムス)は、アプリ・Webサービス開発を世界中のエンジニアチームに依頼・発注できるグローバルソーシングプラットフォーム「セカイラボ」が運営しているブログメディアです。


KENTARO FURUKAWA / Project Manager
業務システムからスマホアプリ開発まで多様なシステム開発現場でプロジェクトマネージャをつとめる。ICタグシステム開発のベンチャーや物流会社の経営企画などで、事業開発や事業改善を主導。現在はフリーのプロ・プロジェクトマネージャとして活躍。