uncategorized

「見積もりオーバー」で嘆かないために、「”正確な”見積もりはできない」と考えよう

f7d12a97-7e4b-4404-a55e-5e0a15e075a2

システム開発に限りませんが、ビジネスにおいて「見積」は何かにつけて重視されます。コピー用紙ひとつ購入するにしても、いくつかの業者から見積をとって、一番安い業者に発注しようとします。時にはある業者の見積を他の業者に見せて、より安い見積をとろうとしたり。でも、システム開発をはじめとする「プロジェクト」では、プロジェクト開始後にコストが見積をオーバーしてしまうことが良く発生します。

何故、見積もりは狂うのか?

見積をオーバーしてしまう理由は様々です。想定していた環境と実際の開発環境が違う。仕様が途中で変わった、追加された。想定していた技術より高い技術が必要になった。想定したよりももっと時間がかかる。などなど。。。

そんなこと、なぜ最初に見積もれなかったのか?それを想定するのが経験を経たプロの技術だろう、といったことを良く聞きます。しかし、そもそもプロジェクトとは「前例のない、一度きりの期限のある一連の活動」をさすのであり、経験の有無は、多少は有利に働きますが、完璧な見積をするのは無理なのです。例えば、類似プロジェクトを参考に見積をする、“想定”されるタスクを分解して見積をする、“想定”される機能を分解して見積をする、など色んな「見積技法」が試されてきました。しかし、どれも実際の工数との差は大きなものです。

作るものが決まっていないのに、見積もりをするという矛盾

システム開発では見積をする時点で何を開発するのかはっきりしてない場合が殆どです。微に入り、細を穿ったRFPというのは作成に大きな労力を費やす割に、実際の見積にはあまり役立ちません。なぜなら、どれだけ詳細に作成されていても、システムという物理的な実体のないものでは見積もる側の想像の幅が大き過ぎて、見積に差が出てしまうからです。かと言って、その差が出ないほどに具体的な詳細を作成すると、それには時間がかかる上に、その詳細がほぼシステム設計と同義なので、外注する意味がなくなってしまいます。

しかし、ビジネス上の要求としては、プロジェクト開始前に見積が必要になります。それは予算をとらなければいけないからです。作るものが決まっていないのに、それが幾らかかるのか見積をしなければいけないという矛盾がここにはあります。

何を見積もらないといけないのか?

しかし、ここでビジネスの基本に立ち返って、プロジェクト開始にあたって何を見積もらなければいけないのかを考えてみる必要があります。なんとなくビジネス上必要とされるシステムを作らなければいけないという理由だけで見積をとろうとしてないでしょうか?本来であれば、見積もらなければいけないことは、そのビジネスに対して作ろうとするシステムが提供する付加価値を見積もらなければいけないはずです。その付加価値よりもシステムの開発にコストがかかるのであれば、そのプロジェクトは開始してはいけません。

見積もり不要のプロジェクトをしよう

で、あるならば、ビジネス上許容されるコスト〜例えばそれが1000万円〜に見合った人員と期間〜例えば3人で4ヶ月〜で開発出来るかということを考えれば良いのです。つまり、信頼の出来る開発会社にチームと期間を要求し、その期間の中でシステムに対する要求を積み重ねていって、予定期間内に完成させるということを発注者自身が考えないと見積が狂うということはなくならないと思います。だから、何社もの相手にRFPを渡して見積を作らせ、提案書を書かせて、それを審査してなどという長大なプロセスはやめた方が良いです。それくらいなら、優秀な、信頼出来るパートナーを探すのに時間を割くべきでしょう。

どうやったら、そんなパートナーを見つけられるでしょうか?それは別の機会に。

SEKAI LAB TIMES(セカイラボタイムス)は、アプリ・Webサービス開発を世界中のエンジニアチームに依頼・発注できるグローバルソーシングプラットフォーム「セカイラボ」が運営しているブログメディアです。


KENTARO FURUKAWA / Project Manager
業務システムからスマホアプリ開発まで多様なシステム開発現場でプロジェクトマネージャをつとめる。ICタグシステム開発のベンチャーや物流会社の経営企画などで、事業開発や事業改善を主導。現在はフリーのプロ・プロジェクトマネージャとして活躍。