uncategorized

世界にイノベーションを届ける!SEKAI LAB TIMES始まりました

ガラスの地球儀と新聞紙

みなさん、はじめまして。SEKAI LAB TIMES 編集担当のぬのいです。
SEKAI LAB TIMESは、グローバルソーシングプラットフォーム「セカイラボ」を運営するSekai Lab Pte. Ltd. が運営する、ブログメディアです(ややこしい)。

「セカイにイノベーションを届ける!」というテーマのもと、これから様々なコンテンツを発信していきたいと思っています。

グローバルソーシングプラットフォーム「セカイラボ」って?

セカイラボ TOPA

セカイラボは、世界中のエンジニアチームにアプリやウェブサービスの開発を日本語で依頼できるプラットフォームサービスです。
現在セカイラボには、中国・ベトナム・インド・ミャンマー・フィリピン・インドネシアなど主に東南アジア諸国に拠点を持つ、開発会社が登録されており、エンジニア数としては約1200名にのぼります。

登録されているのはフリーランスではなく法人単位ですので、ある程度規模感のある開発案件(現在1案件あたりの平均予算額は約400万円)であれば、最適なコストパフォーマンスで依頼・発注することができます。登録チームは、セカイラボが、「日本企業向けの優れた実績」「日本語でのやり取りが可能か」といったことを基準に厳選しておりますので、クオリティ面や言語の問題も心配なくご依頼いただけます。

IT人材不足が日本のクリエイティビティの妨げになってはいけない!

さて、宣伝はこのくらいにしておきましょう。

セカイラボが生まれた背景のひとつとして、日本のIT人材不足があります。独立行政法人情報処理推進機構のIT人材に関する調査(2014)によると、スマートフォン・タブレットアプリ開発やウェブサイト構築等、ウェブビジネス分野において特に人材が不足していると感じている企業が多いようです。また変化めまぐるしいウェブ業界においては人材育成も大きな課題となっています。

しかし世界へと目を転じれば、中国・インド・ベトナムといった新興国を中心にIT人材の数は飛躍的に伸びており、今後も高まるであろうウェブビジネス分野の需要に対応していくためには、そうした国外のリソースを積極的に活用していく必要があると私たちは考えています。

コストダウンだなんだ、という話ももちろんありますが、日本人がクリエイティビティを武器に、革新的なサービスで世界を変えていくのを、私たちは支援していきたいと思っているのです!

世界のフラット化。スキルは世界共通、しかも安い

世界のフラット化はとどまることを知らないようです。

たとえばスマートフォンアプリの開発スキルなどは世界共通。日本はスキルが高いとか、先進的だとかというのは都合の良い勘違いで、高度なスキル・或は日本でなかなか見つからないニッチなスキルをもった人材に、安く、依頼ができてしまうのです。これは日本人エンジニアにとっては脅威なお話かもしれません。

でも、それも視点を変えて、ポジティブに未来を描いていきたいものです。

新興国で増加する中間層のニーズにこたえる

Busy street in Ho Chi Minh City. Vietnam.

ところで、今は単純に開発拠点・あるいは工場としての見られ方が強いアジア新興国ですが、今後数年のうちに巨大市場へと変貌していくのはほとんど誰の目にも明らかです。

経済産業省の通商白書(2013)によれば、2020年には世界全体の中間層・富裕層のうち81%がアジア新興国のそれになるそうです。日本国内では人口減少・高齢化が深刻で、市場としての魅力がどんどん下がっていく一方、それとまったく逆の動きをする国が世界にはあるということです。

そうした新興国が成長していくのは、表面的に眺めればハッピーなことであるかもしれませんが、その裏で様々なほころびが出てきていることも事実でしょう。先進国に生きる私たちが、失敗も含めたこれまでの経験から、新興国のニーズや課題に対して活かせることはたくさんあるはずです。

セカイラボは、世界中のネットワークを活かして、日本から生まれる革新的なサービスを世界へ届けるお手伝いもしていきたいと思っています。

革新的なサービスをかたちにし、それを世界へ届ける!

長くなりましたがまとめです!今後SEKAI LAB TIMESでは、

  • 革新的なITサービスを生む
  • グローバルなIT人材リソースを活用する
  • グローバル化時代の日本人の生きる道
  • 世界市場
  • といったトピックを中心に、ITサービスに関わる全ての人たちに役立つコンテンツを発信していきたいと思います。

    ぜひ、Facebook等で更新情報をチェックしてください~!


    YUKA NUNOI /
    ぬのちゃんと呼んでください。よく、人間ではない様々な生き物(あるいは生き物じゃないもの)に似ていると言われる。世界の行く先と、そこでどう行動すればいいかについて、皆さんと考えていきたいです。好きな国はウガンダ。