uncategorized

【インタビュー】130名以上の美男美女が集まるWebサービス?女子大生が作るサロンモデル検索サービス「Coupe」とは―代表兼プログラマー 竹村恵美さん

20150201114157

元アナウンサー志望の女子大生でたった1ヶ月でサロンモデル検索サービス「Coupe」を作った代表兼プログラマーの竹村恵美さんにインタビューさせて頂きました!

サロンモデル検索サービス「Coupe」とは

3

ーー「Coupe」はどういったサービスですか?

竹村さん:Coupeは美容師のためのサロンモデル検索サービスです。美容師が撮影したいモデルを簡単に探せて撮影の依頼を送ることができます。具体的にサロンモデルとは、美容師さんに可愛くスタイリングしてもらって、写真撮影をするお仕事をします。Hotpepper beautyなどのカタログに載っていたりするモデルが「Coupe」で掲載しているサロンモデルです。

4

ーーなぜ「Coupe」をつくろうと思ったのですか?

竹村さん:就活をする前にアナウンサーになりたいと思っていましたが、自分には向いてないと思うことがありました。そんな折に、縁があったITベンチャー企業でインターンを始めました。そこでプログラミングのすごさを見て、「私もプログラミングをできるようになったらかっこいい!」と思い、10日間のプログラミング講座を受けました。そしてその学んだ知識で何か作りたいと思って作ったのが「Coupe」です。

大学の友人と2人で創業し、今はお手伝いしてくれている大学生が2人います。12月にとても行きたかった内定先にお断りを入れ、会社にしました。

ーーどうして美容師向けのサービスにしようと思ったのですか?

竹村さん:大親友が美容師をしていて、渋谷や表参道などで可愛い子に声を掛けてサロンモデルを探す「モデルハントが辛い」ということをずっと聞いていました。それを助けられたらいいなと思いました。
また、自分もサロンモデルを経験したことがあって、とても楽しかったのでもっとサロンモデルの機会が増えればいいなと思いました。サロンモデルの友達もたくさんいたので、じゃあ「美容師さんがサロンモデルを探せるWebサービスを作ろう」と考えました。

5

ーー開発はどういう体制でやっているのですか?

竹村さん:開発はずっと一人でやってきました。10日間でプログラミングを学んで、1か月で「Coupe」を作りました。そのうちの3週間はモデル集めや運用のフローなどを考えていたので、結果開発期間は1週間くらいで一人ハッカソンしていました(笑)

元々サイトの機能として、サロンモデルのプロフィール写真が、私たちが撮った写真1枚しか載っておらず、美容師さんから「もっと写真と作品が見たい」という声があがっていました。先日2月中旬にWebサイトのリニューアルをし、その点を含め改善を行いました。

また、元々はサロンモデルに依頼が送れる機能しかなかったのですが、今回のリニューアルで美容師もモデルもログインし、サイト上でやり取りができるように機能拡張をしました。リニューアルに向けては知り合いのエンジニアに手伝ってもらいました。本当に感謝しています。

coupebeforeafter

1000人の中から選ばれたサロンモデル。外見はもちろん性格やマナーも考慮して厳選

ーー今100人以上のサロンモデルが掲載されていると聞きましたが、サロンモデルはどのように集めているのですか?

竹村さん:現在モデルの採用の仕方が、応募と紹介とスカウト、の三種類あります。応募はSNSやSEOで頑張っています。今、「Coupe」を初めて1年くらいなのですが、1000人程の応募がありました。スカウトと紹介も行っているので、倍率は10倍です。

応募の選考フローは、まず書類審査で撮影経験と写真を見ます。次に、私たちが直接写真を撮影しに行きます。その際、日程を決めるために何回か連絡を取り合うのですが、そこでマナーや性格を見ています。最後に実際に会ってマナー、性格、写真写りを考慮し、採用を決定します。外見が良いだけではなく、「美容師さんに安心して送れる」と思えるような信頼できるモデルを採用しています。

美容師さんから感謝の言葉をたくさんもらっています。

ーー実際に使ってもらってる美容師さんからの反応はどうですか?

竹村さん:感謝の言葉をたくさんいただいています。今まで来たご依頼の件数は約1000件です。私宛に個人的に感謝のメッセージを送ってくださった美容師さんもいました。サロンモデルのハントにかける時間を無くし、その時間をサロンワークに当てることができているそうです。「練習する時間が増えた」ですとか、「スキルが上がるようになった」というお声を頂いています。

8

ーーとても嬉しいですね!やはり、「やってよかったな」と思うときはそういう声が聞けたときですか?

竹村さん:美容師さんやモデルが喜んでくれたときももちろんなのですが、創業者のもう一人の子が喜んでくれた時がとても嬉しいです。私のアイデアでCoupeを始めたのに、彼女も内定を断り「Coupe」をやろうと決めてくれているので、「こっちの道で良かった」と思ってくれているときがとても嬉しいですし、感謝しています。

Webサービスを作って起業するって働き方としてすごく新しいじゃないですか。私の大学の周りの子はほとんど一般職で就職します。その中でIT系で起業ってありえないんです(笑)
でも、「そういう道でも楽しい」と言って一緒にやってくれる仲間がいるので、「世の中にこういう道もある」ということを教えられるようになったらいいなと思います。

新卒を失うことは日本の文化では大きいと思います。でも、私は新卒の文化とかあまり気にせずに、こういう経験して大失敗したとしてもそのことを「いいね」と言ってくれる企業がいいし、そういう世の中になるといいなと思っています。

9

DeNAのSHOWROOMとコラボ!Coupeのメンズモデルが商品開発をしています!

10

竹村さん:Coupeはメンズモデルもいて、個性的な人、お洒落な人をそろえています。Twitterのフォロワーが4000人いたり、街で声をかけられたりするほど有名です。今DeNAのSHOWROOMとCoupeのメンズモデルがコラボして商品開発をさせていただいています。クラッチバッグを作成していて、開発までの道のりを番組のように放送しています。そこで彼らのファンがもっと増えたり、商品がたくさん売れたら良いなと思っています。モデルは女性の方が注目されがちですが、Coupeはメンズモデルの活躍も大きいです!

もっと手軽にモデルを見つけられ、モデルもたくさん仕事が来るサービス

ーーこれからの展望を教えて下さい。

竹村さん:サロンモデルになる道は、街でハントされるしかないのが現状です。それをCoupeが「サロンモデルになるための道」のようになることを目指しています。今は読者モデルという言葉がとても浸透していますが、読者モデルという言葉のブランドよりもサロンモデルという言葉のブランドをCoupeがあげていきたいと思っています。「サロンモデルといえばCoupe」と言ってもらえるようになり、いつかはサロンモデルだけではなく、すべてのモデルにとってのLinkedinを目指したいと思います。もっと手軽にモデルを見つけられ、そしてモデルもたくさん仕事が来るというたくさんの人に影響を与えられるサービスにしていきたいです。

2

取材担当者から一言

「Coupe」は美容師さんの悩みに特化していて、実際に大きな影響を与えていると感じました。学生がWebサービスを作って起業するということはまだまだ珍しいことですが、「Coupe」を筆頭に、新しい就職の形が学生の中でも広まると思います。初めは美容師さんだけに特化したサービスでしたが、DeNAとのコラボ企画など他の依頼もたくさん来るようになっていろいろな分野に拡大していると感じました!「Coupe」の今後の展開に注目です!

Coupe

sekai-labSEKAI LAB TIMES(セカイラボタイムス)は、アプリ・Webサービス開発を世界中のエンジニアチームに依頼・発注できるグローバルソーシングプラットフォーム「セカイラボ」が運営しています。詳しくはこちら


AKANE NAKAGAWA / Internship
セカイラボのインターンをしている学生です。いつかITの力で海外に影響を与えられるような仕事をしたいです!今はカンボジア支援団体に所属していたり、バイトでお金を頑張って貯めています。食べることが大好きです。好きな国はカンボジアとネパール