アプリ&Webサービス企画

【最新版】 2015年「モバイル×SEO」の基礎知識 Webディレクター向け

seo

ヴォラーレ株式会社の角谷と申します。
今回は最近Googleの発表もあって話題になっているモバイル (スマホ) SEOについてご紹介します。

▼Googleの公式発表

検索結果をもっとモバイル フレンドリーに *1
・モバイルフレンドリーかどうかを4月21日からランキング要素に適用します。
・App Indexingを2月27日よりランキング要素に適用します。

モバイルSEOってどんなことをすればいいのか? 対策する必要があるのか? と疑問を持っている方や気になっている方も多いと思います。ここではモバイルSEOについて現状でわかっていることについて紹介し、 ウェブサイトのモバイル対応を考えている方の参考にしていただければと思います。

モバイルSEOの新しいランキング要因と変化について

これまでは、 ウェブマスターツール上でモバイル対応していない点について警告メッセージを送るだけで、スマホなどのモバイル検索結果だけのランキング要因というのはほぼ確認されていませんでした。

しかし、今回のGoogleの発表でもあったように4月21日からモバイル向けのランキング要素がいくつか適用されます。
※現在でもPC版とモバイル版のサイトがあった場合、PC版の情報が主な評価の対象となります。

Googleは、 ウェブマスターツール上でモバイル対応ができていないサイトに対してメッセージの通知やスマホでの表示に最適化されたページには 「スマホ対応」 のラベルを検索結果で表示する対応をしており、いくつかシグナルを示していました。 この流れからも、モバイルへの対応は当然の動きかと思われます。

モバイルフレンドリーなサイトかどうかがランキング要因になる

現状では、検索結果で 「スマホ対応」ラベルが表示されているだけですが、スマホでも使いやすいモバイルフレンドリーなサイトかどうかが4月21日よりランキング要因になります。

モバイルフレンドリーテストなどのツールで合格すれば 「スマホ対応」 ラベルが表示されるようになります。 実際にモバイルの検索結果で、 サイトにラベルが表示されているかは 「site: (サイトのURL) 」 をアドレスバーに入力すれば検索結果上で表示を確認することができます。

家計簿 アプリ 検索結果

Googleは、 モバイルフレンドリーについて具体的な影響の範囲については言及していませんが、 「重要な影響を検索結果に与える」 とコメントしていますので、こちらのランキング要因については引き続き見守っていくべきだと思われます。

モバイルフレンドリーか確認してみる

サイトがモバイルでの表示に最適化されているか確認する方法があります。
対策を行いたいサイトがある場合は、 以下の方法でチェックしてみましょう。

1.ページごとに確認する場合

Googleのモバイルフレンドリーテスト *2 で確認してみましょう。 テストしたいページのURLを入力するだけでモバイルフレンドリーかどうか確認できます。

[モバイルフレンドリーテスト]
モバイルフレンドリーテスト

2.サイト全体を確認する場合

Googleのウェブマスターツールを設置してあるサイトであれば、 モバイルユーザビリティ*3 でサイト全体がモバイルフレンドリーかどうかを確認することができます。

[モバイルユーザビリティ]
モバイルユーザビリティ

スマホに関連した気になるトピック・アップデートについて

今回のモバイルフレンドリー以外にも、モバイルSEOやモバイルでの検索に関連したトピックをご紹介いたします。

スマホ画面でのユーザーの行動について

Googleと米国のエモリー大学が調査したモバイル検索に関連したレポートの解説記事 *5によると実験によって以下の調査結果が見られたようです。

ナレッジグラフ(下図のような検索結果に関連した情報)は自然検索よりも見られる

「ルーブル美術館」と検索した場合
ルーブル美術館 検索結果

こちらはより検索結果に関連性のあるナレッジグラフが検索された場合は、ナレッジグラフの情報にユーザーが満足し、スクロールが少なくなることが関係しています。

1位よりも2位、3位がよく見られる

スクロールした際に2位、3位の方が長く画面に表示されることが関係しているようです。

ローカルSEOに関連するアップデート

スマートフォンを使用したユーザーはPCのユーザーとは違い、いつでも、どこでも検索を行うことができます。 その為、スマホでの検索が増えた場合には自然と地域性情報と関連した検索も増えていくでしょう。

Googleも地域性のある検索結果をより最適化するために、ローカルSEOについて日本や海外でアルゴリズムのアップデート等を昨年末に行っています。*4

● ヴェニス・アップデートと思われる更新 対象 : 日本
● ピジョン・アップデート 対象 : 米国などの英語圏

これらのアップデートは共にローカルSEOについてのアップデートで、検索ユーザーの位置情報により検索結果を最適化させるために、これまでのローカル検索結果の改善を行っています。端的にそれぞれのアップデートによる変更点を以下に挙げます。

ヴェニス・アップデート

●「弁護士」「水族館」などの地名や都市名などを含まないキーワードでの検索でも、検索ユーザーがいる場所に応じて近隣の弁護士事務所や水族館のサイトを検索結果に表示する。

ピジョン・アップデート

● 以下の画像のように地名を含む検索で表示される検索結果 (7箇所ほどの情報が表示されるため、7パックと呼ばれます) に表示されている情報が7つから3つに減る。または表示されなくなる。

● 7パックと通常の検索結果、両方に表示されていた情報がどちらか一方に表示されるようになる。

渋谷 カフェ 検索結果

モバイルサイトの設定の基本的な設定について

最近のランキング要素について確認ができたら、実際にサイトがどの方法でモバイルに対応しているのかチェックし、それぞれSEO上で注意すべきことについて確かめてみましょう。

1、レスポンシブでの対応

単一のURLで同じHTMLをそれぞれのデバイスに返す方法です。 こちらはデバイス側で表示が最適化されます。 レスポンシブはモバイルサイトを設定する場合に、Googleが推奨している方法で、サイトを管理する際にその他の方法より問題が起こりにくいのが特徴です。

※あくまでもメンテナンスなどの観点で推奨している方法なので、検索結果のランキング要素になっているわけではありません。

2、ユーザーエージェントによる振り分け

単一のURLで異なるHTMLをデバイスに返す方法です。 こちらはSEO的な観点では、デバイスによって返しているHTMLが違うことを検索エンジンに認識させる必要があります。 対策としては、「.htaccess」に以下の1行を追加するという簡単な設定を行うだけです。

「Header set Vary User-Agent」

3、デバイスごとに異なるURLを使っている

PC版サイト、 スマホ版サイトなどで別々のURLを使用する方法です。 こちらは、検索エンジンにPC版、スマホ版サイトがあることを認識させるために、 PC版のページにalternateタグ、スマホ版にはcanonicalタグを設定しそれぞれのページが同じ情報を持っていることを検索エンジンに認識させるアノテーションを行う必要があります。

モバイル対応をする上で避けるべきミス

サイトをモバイル対応させる上で陥りがちなミスについてご紹介いたしますので、対応を考えているサイトがある場合は、以下の項目を確認してみてください。

ユーザーや検索エンジンが認識できないコンテンツを使わない

Flashなどのスマホで再生できないコンテンツを使用した場合は、スマホユーザーにとって不便なだけではなく、 検索エンジンがコンテンツを認識することができませんのでサイトでFlashの使用を多用してしまうと、 場合によっては検索エンジンからの評価が下がる可能性もあります。

CSSやJavaScriptをブロックしてしまう

検索エンジンはJavaScriptが起動して、ページが完全に表示されてからサイトの情報を取得し始めます。そのため、検索エンジンに適切にモバイルサイトを評価してもらうにはCSSや JavaScriptはブロックせずに検索エンジンに認識させる必要があります。

モバイルサイトのJavaScriptやCSSを検索エンジンが読み込めているかどうかを確認するには、ウェブマスターツールのFetch as Google を使用する方法があります。

・Fetch as Googleでのレンダリング(HTMLを解析してからブラウザで表示すること) の確認方法

1.ウェブマスターツールで 「クロール」 に格納されているFetch as Google に進む。
fetch as google

2.対象のデバイスで 「モバイル : スマートフォン」 を選択して 「取得してレンダリング」を行う。

Fetch as google 入力画面

3.Googlebotが取得できなかったリソースを確認することができます。

Googlebot 認識イメージ

リダイレクトが適切に行われていない

デバイスごとに異なるURLで作成した場合、それぞれのサイトにアクセスしてきたデバイスをPC版かスマホ版に301リダイレクトさせます。
(3/24 17:30訂正)
それぞれのサイトにアクセスしてきたデバイスをPC版かスマホ版に302リダイレクトさせます。

※公式には301リダイレクトではなく302リダイレクトが推奨されていますので内容として誤りでした。 Twitterでご指摘頂いておりました、お詫びして訂正させて頂きます。ただし、301リダイレクトを用いているサイトがSEO上不利になるような事例は特に確認できておりません、「302が推奨されている」ということとご理解下さい。

参照:
https://www.suzukikenichi.com/blog/google-now-recommends-to-use-302-rather-than-301-for-redirecting-mobile-devices/

リダイレクトを行うのは、別URLでの運用ではそれぞれのデバイスでアクセスしてきたユーザーをページごとに対になっているPC版・スマホ版へ適切に誘導しユーザーが見たいコンテンツを見せる必要があるからです。

この設定を行う際に、PC版にアクセスしたスマホユーザーをスマホ版にリダイレクトさせてしまうケースが見られますので、ユーザーを目的のコンテンツに誘導するためにPC版に対応したスマホページがある場合はそちらにリダイレクトをすることが重要になります。

まとめ

スマホでの検索は世界的に伸びており、 「モバイル検索の77%は職場や自宅で行われている」との情報もあります。 場所を問わずにネットにアクセスできるスマホユーザーを取り込むためには、Googleもスマホで検索した際の検索結果をより最適なものに改善していくと思われます。

今後もGoogleからランキング要素に関わる情報には注視し、スマホ・PCに関わらずサイトのユーザーに対してより最適な環境を用意していくことが重要になっていくでしょう。

参照元:

*1 検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

*2 モバイルフレンドリーテスト

*3 モバイルユーザビリティ

*4 Google、ヴェニスアップデート(っぽい)更新を日本で、ピジョンアップデートを英語圏で実施

*5 モバイル検索ではナレッジグラフは自然検索よりも視線を集める、2・3位のほうが1位よりも長く見られる − Googleのモバイル検索調査からわかったこと

*6 ウェブサイトをモバイル フレンドリーにする理由


アプリを作ることになったら読むe-Book「アプリ開発AtoZ(企画〜発注編)」
sekai-labスマホアプリを企画中の方向けに、アプリの企画・設計・発注までをまとめたe-Bookを作成しました。実際にアプリ開発の現場で使われているノウハウが満載です。無料なので、この機会に是非ダウンロードしてみてください。もっと詳しい内容をみる


KENJI SUMIYA / ヴォラーレ株式会社 Webコンサルティング事業部 コンサルタント
大学在学中よりインターンとしてSEO施策を経験し、コンサルタントとしてSEO・アクセス解析などを担当。情報のキャッチアップに強みを持ち、クライアント向けのマーケティングニュースや自社媒体を通じて最新のWebマーケィング情報を発信している。