uncategorized

Apple Watchだけじゃない!様々な用途&形のウェアラブルデバイスまとめ(国内外)

随分前から、ウェアラブルデバイスが次のトレンドになると言われ続けてきましたが、なかなか私達の生活に浸透しませんでした。あれだけ騒がれたGoogle Grassの販売中止も記憶に新しいですね。なかなかウェアラブルデバイスが普及してこなかった原因のひとつに、今まで突出してヒットしたウェアラブルデバイスがなかったという理由が挙げられます。

しかし、4/10にはApple Watchが予約開始、今後Apple Watchがウェアラブル市場の成長を牽引するのではないかと言われています。Apple Watchが普及することでウェアラブルデバイスがより私達の生活に浸透し、様々なウェアラブルデバイスの利用が促進されるかもしれません。

Apple Watchにしてもその他のウェアラブルデバイスにしても、どう私達の生活に役に立つのかいまいちわからないという方も多いと思います。

そこで今回は、様々な用途のウェアラブルデバイスを紹介し、Apple Watchの他にどんなウェアラブルデバイスがあり、どう役に立つのかを知ることで、ウェアラブルの可能性を考えてみたいと思います。

ウェアラブル市場規模と既存のウェアラブルデバイス

アメリカのリサーチ会社 BI Intelligence によると、ウェアラブル市場は2020年に約1200億円の規模になると予想されています。

今までのウェアラブル端末は、大きく分けて、以下の3つのタイプがあると言われていました。

腕時計型

Apple Watchなど。腕時計と同じように手首に装着して使用する。スマホと同じように、様々なアプリをインストールできるため、様々な用途に使用可能。今のところスマホのメッセージの確認や地図を見るなど、スマホの機能とあまり変わらないものが多い。しかし今後様々なアプリが開発されることで様々な用途に使える。

リストバンド型

NIKEのFuel Bandなど。リストバンドと同じように腕に装着するタイプ。心拍数や運動をトラキングするなど、健康や医療目的で使用されるものが多い。

眼鏡型

Google GrassやOculus Riftなど。手を使わずにそのままデバイスの操作ができる。そのため、業務目的でも使用されている。

今回は、この分類にあてはまらないものも含めて、ユニークなウェアラブルデバイスをいくつか紹介し、ウェアラブルの可能性について見てみたいと思います。

様々なウェアラブルデバイス

脳の働きを改善するヘッドバンド型ウェアラブル『Melon』

Melon

Melonは、脳波を計測し、それをもとに脳の働きを改善するために開発されました。ヘッドバンドのように頭部に装着して使用します。
Melonを装着した状態で、専用のアプリをダウンロードして併用することで、脳波をトラッキングしながら脳の働きを調整していきます。
専用のアプリで脳トレゲームを行うと、脳波の働きから脳のパフォーマンスがモニタリングされます。それを目で見ながら改善していくことで脳の働きを改善していきます。
これにより、脳の記憶領域や認知領域のパフォーマンスが向上されるようです。

Melon

体温を調整してくれる衣服型ウェアラブル『FuelWear』

FuelWear   Intelligent Heated Winter Clothes

FuelWearは、着用することで体温を自動で調整してくれる衣服型ウェアラブルデバイスです。普通のシャツと同じように装着して使用します。
このシャツには熱を発生する機能があり、体温を計測し適正な温度になるまで身体を温めてくれます。逆に体温が高いときは余計に温めたりしないので、熱くなりすぎる心配もありません。
今までは気温に合わせて服を選んでいましたが、FuelWearなら気温を気にせず装着できそうです。さらに健康管理にも効果的です。

FuelWear

FuelWear – INDIEGOGO

あらゆる動きを遊びに変えるリストバンド型ウェアラブル『Moff Band』

Moff(モフ)  想像力豊かで新しい遊び

Moff Bandは、あらゆる動きを遊びに変えていくウェアラブルなおもちゃです。装着した状態で動くと、動きに合わせて連動したアプリから音声が出ます。
例えばドラムを叩く動きをするとドラムの音が出力され、まるでドラムを叩いているような体験ができます。他にも、テニスやゴルフなどのスポーツを楽しむこともできるようです。
新しいアプリが更新されていくので、色んな使い方が可能になっていきます。

Moff

体験を他人と共有する!?身体着用型ウェアラブル『Telepathy Jumper』

Telepathy

Telepathy Jumperは、見ているものや聞いている音を他人と共有するデバイスです。普段は首にかけておいて、使う時に眼鏡のように装着します。
このデバイスによって、テレパシーのように、意識することなく体験を他人と共有できる世界を実現しようとしているようです。

Telepathy

全ての鍵の代わりになるリストバンド型ウェアラブル『EveryKey』

Everykey-Wristband-Standing-Low

Everykey-Claire-Bricks-Low

EveryKey は、全ての鍵の代わりになります。リストバンド型のウェアラブルデバイスです。これがあれば、家のドア、車、パソコン、特定の場所への出入りなど、全てのシーンにおいてそれぞれの鍵を持ったりパスワードを記憶したりする必要はありません。

クラウドファンディングの『Kickstarter』で、11万7千ドルのファンドレイズに成功し、現在75ドルでプレオーダーを受け付けています。

EveryKey

EveryKey – Kickstarter

快適な睡眠を提供する頭着用型ウェアラブル『Sleep Shepherd』

Sleep Shepherd   Guiding You to a Better Night s Sleep

Sleep Shepherdは、脳波を睡眠時の状態に近づけていくことで、快適な睡眠を実現するデバイスです。眠るときにニットキャップのように頭にかぶって使用します。このデバイスは脳波を計測しモニターしながら、音を使って脳波を調整し、睡眠時の状態にチューニングしていきます。

こちらもKickstarterで資金を集め、2014年末に商品化しています。119ドル〜購入可。

Sleep Shepherd

Sleep Shepherd – Kickstarter

危険を察知する鞄着用型ウェアラブル『Scarab』

Scarab

Scarabは、周囲の見えない危険を察知し可視化するデバイスです。リュックなどにつけて使用することで、周囲の騒音や放射線、有害物質、電磁波などを計測してくれます。それをもとに専用のアプリが周囲の環境を分析し、目に見えない危険を知らせてくれます。

175ドル〜プレオーダー受付中。

Sacarab

Sacarab – Kickstarter

休憩すべきタイミングを教えてくれる耳着用型ウェアラブル『Vigo』

Vigo

Vigo は、あなたが疲れていて、休憩を取るべきタイミングを教えてくれます。Vigoは耳に装着するタイプのデバイスで、あなたのまばたきのパターンを計測します。そのパターンによって、あなたがどれくらい疲れているかを判断してくれます。車を運転しているときや仕事中などの使用が想定されています。

プレオーダー79ドル。

Vigo – Kickstarter

Vigo – Kickstarter

簡単にプロフィール交換できるアクセサリー−型ウェアラブル『youWare』

Discover youPass by Think You

youWare は、プロフィール情報を交換するアクセサリー型デバイスです。簡単にプロフィール情報を交換でき、専用のアプリを使用することで何の情報をシェアするかを決めることができます。シェアできるのは、名前や電話番号、TwitterなどのSNSアカウントも含まれています。
アクセサリーとして身につけられるように、女性向け・男性向けに様々なデザインのものが用意されています。

youWare

youWare – Kickstarter

まとめ

冒頭にあげたタイプ以外にも、頭着用(ヘッドバンド/帽子)型、耳着用型、着衣型、鞄着用型などさまざまなものが出ています。
今回取り上げたウェアラブルデバイスを見ると、私たちの生活のなかでどう役立っていくのかがイメージしやすいのではないでしょうか。

用途も、

・身体のパフォーマンスの改善
・防犯
・人と繋がる
・作業の効率化

など様々です。

今後もおそらく色んな分野でウェアラブルデバイスが出てきそうですが、Apple Watchなども、ウェアラブルである必然性があまり見えてこない中で、どのように役に立つか、ウェアラブルである必然性があるのかというところは非常に重要だと思います。

また、もう一つ重要なのは、デザインが洗練されていることです。スマートウォッチにしてもアクセサリ型デバイスにしても、普通の時計やアクセサリと同じくらいデザインが良ければ、身につけたいという気持ちは十分に起こると思います。

今回取り上げた例の多くがKickstareterなどのクラウドファンディングサイト発のものが多かったことからもわかるように、ウェアラブルデバイスの製造のハードルはそこまで高くはないようです。。簡単なハードウェアとアプリを開発する技術があれば、あとはアイデア次第で十分にあなたのビジネスにも取り入れられる可能性があります。


アプリを作ることになったら読むe-Book「アプリ開発AtoZ(企画〜発注編)」
sekai-labスマホアプリを企画中の方向けに、アプリの企画・設計・発注までをまとめたe-Bookを作成しました。実際にアプリ開発の現場で使われているノウハウが満載です。無料なので、この機会に是非ダウンロードしてみてください。もっと詳しい内容をみる


KOTARO IIDA / Internship
セカイラボでインターン中の学生です。趣味がころころ変わりますが、いつも何かにはまっています。この夏は日焼けにはまっていました。好きな国は中国とアメリカです。