uncategorized

手付かずの注目分野!現役大学院生が選ぶ、学術研究を加速するアプリ・Webサービス6つ

こんにちは。セカイラボでインターンをしている飯田です。私は普段、大学院で研究を行っています。
大学で行われている学術研究は、非常に面白いものが多く、ビジネスにも有用なものもたくさんあります。化学、生物学、神経科学、薬学、医学、工学などは直接製品開発に貢献します。経済学、経営学、社会学、心理学、脳科学はビジネスプロセスや顧客理解、新規事業開発などに有用な知識を提供します。

しかし、大学での学術研究も実際のビジネスの現場も両方見ている私からすると、いくつかの不満があります。

①学術研究のプロセスが、まだまだ効率が悪い
②研究者と企業の連携がオープンでない、しかも少ない
③ビジネスマンにとって、ビジネスに有用だったりインスピレーションを得られるような研究がたくさんあるのに、その情報に触れづらい。触れることができても理解しづらい。

学術研究のスピードを加速し、企業との連携をより活発に行えるようにすることは、どちらにとっても利益があるはずです。今はまだあまり盛り上がっている市場ではありませんが(特に日本では)、だからこそ今後大きく発展する見込みのある市場だと思っています。

今回は、そんな注目すべき市場のアプリやWebサービスについてご紹介いたします。

Research Gate

ResearchGate   Share and discover research

ビルゲイツも投資したことで有名なResearch Gate。研究者版のFacebook, Linkedinとも言われています。

Research Gateは、自分の論文を投稿したり、他人の論文を読んだり、自分の論文がどれくらい読まれているかわかったり、研究者と友達になったり、専門家に質問できたり、さらには職まで見つかってしまうというサービスです。

実際日本において、研究者と知り合うには、学会や授業に出たりするのが今のところ主要な手段です。同じ大学の研究者のことすら知らないなんてことがざらにあります。研究者同士が知り合うことは、研究を促進する上で非常に重要なことです。
Research Gate は、学術研究分野ではおそらく最も有望なサービスだと思われます。

Research Gate

Mendeley

Free reference manager and PDF organizer   Mendeley

Mendeleyは、どこでも、様々なデバイスで、論文を読んだり、コメントをつけたり、管理することを可能にするアプリです。

大学や大学院で研究を行ったことのある方ならご存知だと思いますが、論文は未だに紙で管理している人が非常に多いです。いちいち印刷したり、読みたい論文をファイルから探してきたり、間違えて捨ててしまったり・・・。非常に効率が悪いです。

Mendeleyを使えば、様々なデバイスで一律で論文を管理できるので、ネットで見つけた気になる論文を片っ端からダウンロードして管理したり、通学の途中でスマホで論文を読んだりということも可能です。いつでもより多くの情報に、より効率よくアクセスすることを可能にします。

特に素晴らしいのは、共同研究者と論文や情報をシェアして、共同で研究を進めやすくすることができるというところです。
僕も最近使い始めて、便利だなと思っているのですが、周りで使用している人をあまり見かけません。もったいない!

Mendeley

Instant Research Report

Instant Research Report は、様々な研究分野に関する情報をダッシュボードでまとめて見れるアプリです。その分野の最新ニュース、専門家のコラム、学習に役立つ動画、関連する書籍などの情報をまとめて表示することができます。さらに、知人と書籍の情報を共有できます。

ニュースアプリなどでも最新の研究結果を見ることがあると思いますが、ああいうところで見る研究はほんの一部です。実際は、もっとたくさんのジャンルの、もっとたくさんの研究があり、それを一度に見ることは今までできませんでした。
情報収集をかなり効率化してくれるアプリです。

Instant Research Report(Android)

Instant Research Report(iOS)

Research Highlights

Research Highlights

Research Highlights は、20,000の学術誌の最新の論文が読めるサービスです。キーワードで論文を検索することもできますし、自分の読みたい学術誌をフォローすることができます。さらに、研究者単位でフォローすることもでき、かなり論文を探しやすくなっています。論文はネットで探しても読めないことも多く、ネットにない場合は遠くの図書館まで読みに行ったりします。論文を探す時間が研究の時間より多いなんていう研究者も少なくはないはずです。
同様のものに、Questia, Pubgetなどがあります。

Research Highlights(Android)

Research Highlights(iOS)

Psychology Spotlight

Psychology Spotlightは、Research Highlightの心理学に特化したバージョンです。心理学に特化しただけというのではなく、学会の情報が知れたり、研究者のブログも読むことができます。より研究者向けのアプリです。

学会の情報が知れるのも便利です。大学はこの時代に驚くほどに情報の伝達効率が悪いケースが多いので、情報が素早く確実に伝わるだけでも、大きな改善があるでしょう。
このように分野に特化したものもいくつか存在します。

Research Highlights

Transcriptic

The modern life science research platform   Transcriptic

このサービスは、今まで紹介してきたものと毛色が異なります。Transcripticは、新薬の試験をロボットとデータ処理システムを用いて自動化するサービスです。このサービスによって、以前よりも早く、安く試験することが可能になりました。
このサービスは大学だけでなく企業やスタートアップも使用しますが、研究を促進するのに大きく貢献するので紹介しました。

Transcriptic

まとめ

今回ここで紹介したサービスは、全て海外のものです。海外においても、まだまだ新しいサービスが誕生しそうな感じがしますし、日本においてはほとんど手付かずになっています。
特に、一般の人がわかりやすく書かれた研究結果に触れることのできるサービスや、企業と研究者のコラボレートを促進するサービスなどは、けっこう可能性があると思います。

大学の研究環境とビジネスの現場を両方見た立場からすると、まだまだ学術研究の世界は効率化されていないと思いますし、研究の世界はまだまだ閉鎖的だと思います。この分野もITの力でどんどんイノベーションが起こっていくといいなと思います。

sekai-labSEKAI LAB TIMES(セカイラボタイムス)は、アプリ・Webサービス開発を世界中のエンジニアチームに依頼・発注できるグローバルソーシングプラットフォーム「セカイラボ」が運営しています。詳しくはこちら


KOTARO IIDA / Internship
セカイラボでインターン中の学生です。趣味がころころ変わりますが、いつも何かにはまっています。この夏は日焼けにはまっていました。好きな国は中国とアメリカです。