uncategorized

FacebookやTwitterに疲れた女子大生が次なるSNSを探す

こんにちは。インターンをしております、尾上あづさです。

みなさんは、Twitter、Facebookで友達の投稿を見てストレスが溜まった経験はありませんか?
心の余裕がない時に見るフォロワーの「今日はいい天気だな〜」という投稿に内心「知らんがな」とツッコんでみたり、自分も相手を不快にさせているのではないかと思って更新頻度が落ちていく経験、心当たりある人もいるかと思います。

そんな主要SNSに気疲れした私が、新しく始めるSNSを探そうと、マイナーなものから海外で流行っているものまで使用して比較してみました。

テキストに限定したSNSサービス『life CLIPS(ライフクリップス)』

LifeCLIPScap

【特徴】
①文章のみの投稿
②足跡機能がある
③タイムラインが穏やか

①文章のみの投稿

lifeclips3

ライフクリップスが他のSNSと大きく違うのは、書き手が居心地良く書くための配慮がなされている点です。写真や動画などは載せられず、文章のみ文字数制限なしの投稿です。
そのため、書き殴ったような文章を読んで嫌な気持ちになるような投稿はほとんどなく、推敲された綺麗な文章で読むのが苦にならないクリップ(ライフクリップスでいう投稿)が多いのが特徴です。

②足跡機能がある。

lifeclips6

以前は、mixiの足跡機能で誰が来てくれたのかログインするたびにワクワクしたと思いますが、ライフクリップスにも足跡機能があります。
mixiと違うのは、自分のページに来た人が分かるのではなく、投稿ごとに誰が見たのか分かる点です。そのため、自分の投稿に無駄に反応を期待してしまう気持ちがライフクリップスでは起こりません。

主要SNSに疲れてしまって、本当の気持ちが書けない人は、ライフクリップスだと自分の本当の気持ちを書いても、目立った反応はないが足跡機能でどこかの誰かが見てくれている、そんな安心感が得られるかもしれません。

③タイムラインが穏やか

タイトルと数行内容が見えるようなタイムラインです。
ツイッターは絵文字や叫び声など騒がしいと感じる人は、ライフクリップスはタイトルと数行内容が見えるタイムラインなので見てもストレスをあまり感じません。

オススメな人

人に見せる文章を書くというより、自分が心地よく文章を書く場なので、数字や反応に気にせず文章を書くことを楽しみたい人に向いています。

life CLIPS(ライフクリップス)

”つぶやき以上ブログ未満”の『Short Note(ショートノート)』

shortnote3

気軽に気楽に、つぶやき以上ブログ未満なことを書くことができます。

【特徴】
①タイムラインが賑やか
②似ているノート

①タイムラインが賑やか

shortnote1

ツイッターのように短文だったり、Facebookのように日常の報告をしたり、自分の感情のみの吐き出し口としての文章もあれば、ブログのうように長文を綺麗にまとめた文章を書いている人などがいます。様々な人がいて浮く心配がないので、書きたいことを思いのまま書き記す場所にぴったりです。

②似ているノート

shortnote2

他のSNSと違う点は、投稿に対して似ているノートというものが勝手にレコメンドされます。自分と思想が似ているユーザーを探せたり、似ているノートをひたすら辿って行くのも楽しいかもしれません。

Short Note(ショートノート)

ミニブログサービス『iine log(イイネログ)』

iine log   よかったことだけを書きのこすミニブログサービス

良かったことだけを書きのこすミニブログサービスです。一つの投稿に100文字まで書けて、動画や画像は載せられません。

コンセプトが「よかったことだけを書き残す」とあるので、タイムラインを見ていても、不快な思いをすることがありません。みんなの日常のちょっとした楽しいこと、嬉しいことが垣間見れて覗いているこちらがほっこりします。私もほっこりした気分になって思わず嬉しかったことを投稿してしまいます。

iine log(イイネログ)

クリエーターと読者をつなぐ『note(ノート)』

note ――つくる、つながる、とどける。

特徴
note(ノート)は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などを手軽に投稿できるクリエイターと読者をつなぐサービスです。ブログのように使うことも、SNSのように使うことも、コンテンツを販売することも自在に活用できます。

【特徴】
①マガジンが作れる
②UIUXが直感的で可愛い

①マガジンが作れる

note6

noteはマガジンと言うものがあります。ブログでいうジャンル分けして記事を投稿できる機能です。
ブログだとジャンル分けが後方の方にあったり、記事の整理のために使われていたりとあまり目立つ存在ではないかもしれませんが、noteではこのマガジンこそ一番の魅力だと思います。個人のページに行ってもプロフィールのすぐ下にマガジンが配置されており目に付きやすく、本屋で好きな表紙やタイトルを見て選んでいるような感覚のようです。

自分で書いたもの以外に、他人の投稿も自分が編集しているマガジンに入れられるため、お気に入りの言葉や行ってみたいスポットまとめなどを作って眺めるのも楽しいかもしれません。

②デザイン(UI)が直感的で可愛い

note3

note(ノート)

Medium(ミディアム)

Medium

写真などのコレクションとコラボに特化したツール

現状文章は日本語入力できますが、人気の投稿やスタッフにピックアップされた投稿は英語のものが中心です。日本のユーザーがまだまだ少ないようです。
色合いが白黒を基調としていて非常にシンプルです。余計なボタンや広告もありません。文章を読むこと書くことに集中できる環境です。

Medium

最後に

SNSごとのタイムラインを見ていると、文章を書くのが好きなユーザー、交流するのが好きなユーザーなどSNSごとに傾向が異なることが分かりました。SNSサービスでは、機能のみではなく、ユーザーの実際の利用イメージを持ちながら、適切な雰囲気・世界観を設計していくことも大事な要素と言えるでしょう。


アプリを作ることになったら読むe-Book「アプリ開発AtoZ(企画〜発注編)」
sekai-labスマホアプリを企画中の方向けに、アプリの企画・設計・発注までをまとめたe-Bookを作成しました。実際にアプリ開発の現場で使われているノウハウが満載です。無料なので、この機会に是非ダウンロードしてみてください。もっと詳しい内容をみる


AZUSA ONOE / Internship
セカイラボでインターンしてる大学生です。特技は24時間睡眠。寝すぎる自分に引いてます。口癖はお腹空いてないのに「お腹すいた」人間の三大欲求にかなり忠実です。将来、悲しい気持ちの人が癒されるWebサービスを作りたいです。