uncategorized

アプリ開発会社に相談する前にとりあえず用意しておきたい項目5選

PAK153130225_TP_V

2016年6月に発表された博報堂DYパートナーズの調査レポートによると、スマートフォンの所有率は71%と、全世代で高い水準を示しています。

関連して、スマホアプリの利用時間がWebサービスの2倍になるなど、インターネットビジネスを行う上では、もはやスマホアプリは欠かすことが出来ない存在です。

しかし、新しいビジネスをアプリで始めようとしても、どこに開発を依頼したらいいのかわからない!というか何がわからないのかわからない!というような状況に悩まれている新規事業担当者の方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はアプリ開発会社に相談する際に、とりあえずこれだけは準備しておくと話が比較的スムーズに進みますという項目を紹介致します。

RFPまたは企画資料はあるか

OOK75_prezensurudansei20131223_TP_V1
開発会社に仕事を依頼する際にまず必要となるのが、サービスの目的や趣旨を明確に示した依頼資料の準備です。開発会社の担当者は、開発に関するプロフェッショナルですが、依頼主のサービス内容については素人です。なので、初めて読んでも理解出来るようなわかりやすい資料を作成すると、初回の打ち合わせであってもお互いに様々なアイデアが出たり、建設的な話し合いをすることが出来るでしょう。

RFP(※情報システムの導入や業務委託を行うにあたり、発注先候補の業者に具体的な提案を依頼する文書のこと。)のような専門的な知識を用いた資料を用意する必要は必ずしもありませんが、これから以下で紹介する項目についてはなるべく詳細に分かる範囲で記載するようにしましょう。

誰に向けたサービスでなのか

Green11_kessai20141123152655_TP_V
全てのサービスは、誰かのために作られています。その目的を見失わないことが大切です。例えば、◯◯ゲームと全く同じものを作りたい、最近流行ってるらしいからああいうのがいいという前提でターゲットユーザーやコンセプトを明確にしないままプロジェクトを始めてしまうと、多くの場合、途中でトラブルや様々な複合的な要因でつまづいた時に本来の方向性を見失ってしまいがちです。なので、そのような局面でもちゃんとスタート地点に戻れるように、目的を明確に設定してチームで共有しておくことはとても重要です。

リリースまでのスケジュールは立っているか

54185_original
一般的に、スマホアプリの開発期間は、3ヶ月〜という場合が多いですが、要件によって必要な開発期間や用意しなければいけない人員の体制などにより、それらは大きく異なります。ですが、発注側からとりあえずここまでにはリリースをしておきたい、という具体的な要望があれば、開発会社もそれに合わせてリソースの調整や相談を受けることが可能です。

開発予算はどの程度確保or想定しているか

budgetary-control_top_money_management_point_case
開発にかけられる予算については、明確でなくてもある程度は意見を持っておくことが大切です。もし同じ内容の開発要望であっても、予算規模によって必要な機能の開発が可能なのか、その後の継続的な運営は可能そうなのか、完全に作り切りなのか、等話し合える幅を拡げることが出来るからです。

もし、予算について全く決まっていない状態ならば、そのプロジェクトを遂行することが会社として決定しているかどうかをまず確認してみましょう。

自分の会社と開発会社の作業役割分担は明確か

PAK85_coding15095904_TP_V
発注側と受注側の役割分担を明確にしておくと、受注側でかかる工数をいくらか減らすことも可能性としてあり得ます。アプリ開発に精通していたり、デザイン部分を請け負うことが可能な場合は、どのような座組みで開発を行う想定なのかを事前に伝えてみましょう。

もし、アプリやWeb開発について全く知見がない場合は、発注するプロジェクトの責任者及びIT担当者を決めておきましょう。プロジェクトを成功させるためには、開発会社に丸投げではいいモノは出来上がってきません。発注サイドと開発サイドの両者が力を合わせて初めて価値あるサービスを作ることが出来るので、ITに詳しくない担当者であっても、社内の誰よりもサービスのことを考えられる存在にならなくてはいけません。

最後に

アプリ開発を行う過程は単純ではありませんが、依頼する側と請ける側がしっかりとコミュニケーションを取り、お互いに協力していけば、良いサービスが生まれる可能性は限りなく高まります。これまでアプリ開発会社に制作を依頼したことが無い方にとっては、じゃあ次にどうやってこれらの項目を書けばいいのかと疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。

そのような時は、ぜひお気軽に下記からお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから

株式会社モンスター・ラボ お問い合わせフォーム


花岡 郁 / SEKAI LAB TIMES編集長
2代目SLT編集長。運営元のモンスター・ラボでは広報も担当。ITエンジニアの採用方法や人材不足に関する記事を執筆しています。好きな食べ物は馬肉。趣味は街を徘徊すること。声優ネタ、サブカルネタも好物です。お問い合わせはお気軽にこちらまで→ monstar-info@monstar-lab.com