uncategorized

新規事業を企画するために!ビジネスを生み出すアイディア発想法

Hand drawn business icon ideas and Light bulb

(編集部注*2014年7月17日に公開された記事を再編集したものです。)

ビジネスにおいて、「アイデア」は重要です。日々、ニュースに踊るのは様々なアイデアの結晶。中には、疑問が浮かぶ様なものもあるし、イケてると思っても直ぐに立ち消えてしまうものもあります。時には、自分がぼんやり考えていることが発表されていて、悔しかったりします。さて、そんなあなたはどれくらいアイデアを出せていますか?

仕事の中で求められるアイデアは、数千円の節約をするための改善から数億円以上もの規模のビジネススキームまで多種多様です。経営者はもとより、一般社員まで含めて、日々変わるためのアイデアを求められているのが現在のビジネス環境です。更に、スピードが求められるシステム開発やアプリ開発では、これまで以上に数多くのアイデアが必要とされています。

組み合わせるという方法

「アイデアは既存のものの組み合わせ」とは「アイデアの作り方」の著者ジェームズ・W・ ヤングが指摘しています。イノベーションという言葉を提唱したヨーゼフ・シュンペーターはイノベーションを「生産手段や資源、労働力などをそれまでとは異なる仕方で新結合すること」と定義しています。つまり、「組み合わせ」こそがアイデアや新ビジネスの源泉であるということです。

とは言え、「組み合わせ」ってどうするの?という悩みが新たに出てきます。この方法として、デイル・ドーテンの「仕事は楽しいかね?」で紹介されている方法は気軽にはじめられます。

1) いつもやっていることをリストアップする
2) リストを文節で二つに分ける
3) 二つに分けた文節を組み合わせてみる

自分の一日を振り返ってリストにしてみましょう。例えば、

・ 電車に乗って ———— 会社に行く
・ コンビニで  ———— 朝食を買う
・ 日報を    ———— メールする
・ 提案資料を  ———— パワーポイントで作成する
・ 資料を上司に ———— レビューしてもらう
・ 会社で    ———— 仕様の打合せをする
何でも良い。それを色々組み合わせてみます。

・ 電車に乗って ———— 仕様の打合せをする
さすがに電車じゃ無理だけど、公園ならどうだろう?オフィスの外で打合せをすると違った考えが出て来るかもしれません。

・ 会社で    ———— 朝食を買う
悪くない。どこかの会社では朝食を会社で安く   する事で遅刻が減ったとのことです。

自分が手がけている仕事だってなんだって、一度リストにして見て適当に組み合わせてみると、特別なアイデアが出て来るかもしれません。

熟成するという考え方

さっき紹介した「アイデアの作り方」という本はとても薄い本ですが、是非読んでみるべき本です。(欧米ではこういう本質だけの薄い本が結構あります。日本の本は余計なことが沢山書いてあって無駄に厚い)

その中で紹介されているのは5つのStepでアイデアを作るということですが、

1.データ集め
2.データの咀嚼
3.データの組み合わせ
4.ユーレカ(発見した!)の瞬間
5.アイデアのチェック

この「4.ユーレカ(発見した!)の瞬間」のために必要な事は集められるだけ集めて、それから「忘れる」ということだというのです。アイデアを作るためにいったん忘れるというのは面白い考えですね。ただ、脳の仕組みは無意識下でそれまでに貯められた情報を整理する様に出来ているらしいので、正しい動きなのかもしれません。

Input-Input-Input—-Output

アイデアを思いつくために一生懸命「考えて」いませんか?でも、アイデアの作り方は調べる(Input)、調べる、調べまくる・・・の果てに、捏ねくり回して・・・その挙げ句、忘れちゃって(笑)・・・ある時、降りて来るもんなんですね。だから、ちょっとやってみてアイデアが出てこなくても心配することはないです。まだ、その瞬間が来てないだけですから。


アプリを作ることになったら読むe-Book「アプリ開発AtoZ(企画〜発注編)」
sekai-labスマホアプリを企画中の方向けに、アプリの企画・設計・発注までをまとめたe-Bookを作成しました。実際にアプリ開発の現場で使われているノウハウが満載です。無料なので、この機会に是非ダウンロードしてみてください。もっと詳しい内容をみる


KENTARO FURUKAWA / Project Manager
業務システムからスマホアプリ開発まで多様なシステム開発現場でプロジェクトマネージャをつとめる。ICタグシステム開発のベンチャーや物流会社の経営企画などで、事業開発や事業改善を主導。現在はフリーのプロ・プロジェクトマネージャとして活躍。